赤ちゃんの出産祝いのために適切なベビー服を選んであげましょう。

ベビー用品情報

ベビー服について

赤ちゃんに配慮してベビー服を選びましょう!

ベビー服を着た子供

生まれた時、つまり、新生児の時からすぐに着用するベビー服についてです。そのため、ベビー服はたくさんの人が出産祝いとして赤ちゃんに贈ることの多いベビー用品の一つです。出産祝いではいろいろなベビー用品が贈られます。出産祝いでオススメはカーターズのベビー服です!カラフルで可愛いアイテムが日本でも最近注目されているアメリカのベビー服ブランドです♪会社の上司や同僚などの場合にはお金を贈ることが多いかも知れませんが、親しい友人や家族などの場合には、お金も贈って更にベビー用品も贈ったりするそうです。

ベビー服は赤ちゃんを生んだママにとって、家族にとってとても必要なものですし、できれば大量に!あればあるほど嬉しいものです。赤ちゃんに着させるための服ですから、取り替えるのも多いのです。なので、出産祝いではベビー服の贈り物がとても喜ばれるものの一つだと言えるでしょう。
また、最近では子供服を通販サイトで購入するという方も多くなっており、わざわざ店舗に出向かなくてもお洒落で可愛い子供服が沢山あります。

私達が着用して居る衣服と、ベビー服とでは、その仕組みなどは全く別物です。
まだ首も据わらない子供さんに着けさせるベビー服から、もう自分の力だけで歩き始めた子供さんにつけさせるベビー服まで、お子さんの成長に合わせてベビー服を選ぶ必要があります。 

年齢によるベビー服選び

ベビー服は、年齢によってもその着けさせるベビー服は異なってきます。
成長に合わせて、その時々の状態にあった機能の付いているベビー服を着させてあげましょう。

その配慮が、結果的には子供のためにもなりますし、
お母さんの子育ての手間を結果的に省くことにも繋がるのです。
子供さんのベビー服を、親御さんが適切に選んであげましょう。
出産祝いといえばベビー服!!と考えている方も多いのではないでしょうか。 出産祝いにお洋服を贈ろうと考えている方も、この服は何ヶ月ごろに着て欲しいとかどんなときに着て欲しいとかまで考えて選びましょう。
出産祝いをもらう側も「せっかく出産祝いにもらったから…」と汚れることをためらってはいけません。赤ちゃんは汚すのも仕事ですから。

新生児のお子さん(0ヶ月〜)
生まれたばかりの新生児であるお子さんは、とても新陳代謝が活発なので、汗をよくかくことが多いです。ですので、ベビー服は汗を吸収しやすい服の方がベターと言えるでしょう。
また、汗を吸収しやすいものであるとおもに、通気性が良い素材のものを選んであげても良いでしょう。
ですが、できるだけ何枚か重ねるようにしてあげた方が良いので、重ね着で熱くなりすぎない程度にしてあげる必要もあります。
新生児のお子さんは、非常にデリケートです。素材などにも充分気を使ってあげる必要があります。
生後一ヶ月〜のお子さん
この頃のお子さんは、生後一ヶ月を迎えていると言うことで、外出する機会も増えてくるものだと思います。外出する際は、お子さんを守るために、重ね着などをしてあげる必要があります。寒さや熱さ・そして紫外線なども私達に比べても、充分に気を使ってあげることが大切です。
この頃に着せてあげるベビー服としては、汗をよく吸う吸水性の高いもの・通気性の良さなどに加えて、オムツの付け替えが楽な前開きのベビー服などが重宝されるようになります。
生後六ヶ月〜のお子さん
生後半年くらいになると、ハイハイしだしたり、首が据わるようにもなり、行動的な面が出てくるようになります。
このときのベビー服選びとしては、行動がしやすいような服装といった面も考えてあげる必要があります。
また、行動的になるということは、肌がベビー服であったり、外に肌が露出してしまっている部分は、床などと擦れ合うことも多くなります。
荒れてしまったりするといけないので、肌の露出が少ないものを選んであげると良いかもしれません。
生後十ヶ月〜のお子さん
生後10ヶ月を超えると、ヨチヨチ歩きをしだすお子さんも出てきます。
ますます活発になっていくお子さんのベビー服は、動きやすい素材を選んであげるのは当然となるのですが、デザインなどもカワイイものを選んであげると良いでしょう。
また、ご飯も食べ始める頃になるでしょうから、よだれかけなども着けさせてあげましょう。

出産祝いの贈り物に注意!

こちらでは出産祝いにも贈るベビー服について取り上げましたが、出産祝いには何もベビー服に限ったことではありません。贈り物なので、出産祝いを贈る人の判断にまかされますが、出産祝いで贈られるものの他には、赤ちゃんのおもちゃがあります。あかちゃんのおもちゃもできればあればあるほど嬉しい物ですね。赤ちゃんにつきっきりでおもちゃ売り場に出かけることもほとんどできないママとパパにとっては、出産祝いでたくさんのおもちゃが贈られるのはきっと嬉しいことに決まっています。このように、出産祝いでは贈る相手の環境や状況などをしっかり考えて考慮しながら出産祝いの贈り物を決めるのが望ましいでしょう。

出産祝いの贈り物選びで決してやって欲しくないこととしまして、出産祝いに自分の好きな物、興味のあるものを贈ること、です。これが出産祝いでもっとも嫌なことです。贈る相手のことを全く考えずに、ただ自分が贈りたい物だけを贈るのです。これでは、出産祝いのお祝いじゃなく、ただの自己満足です。相手の事を考えて、相手が貰って嬉しい物を贈るのが出産祝いでありお祝いなのです。貰う側も贈る側も満足できる出産祝いギフトを選びたいですよね。

皆さんも、出産祝いではきちんと相手の立場になって相手が欲しいと思っていること、貰って喜ばれそうな物を出産祝いで贈ってあげるようにしましょう。

ページ上部へ戻ります。

Favorite

福岡対応の家電買取サービス
http://fukuoka-risaikurushop.jp/pg19.html
医療用かつら
http://mialuce-wig.com/
マンツーマン中心のセブ留学
http://firstwellness.net
黒留袖 レンタル
http://www.tomesoderental.com/
大型免許にかかる費用
http://www.driving-school-no1.jp/course_price/course04.php